テストステロン ヨガ

テストステロンの濃度上昇効果もあるヨガ

ヨガ

 

ヨガは男性も積極的に行なうべき!?

 

ヨガといえば、女性のためのものというイメージを持っている方が多いようです。

 

また体の柔らかい人でないとできないボーズという印象もあります。

 

しかし、4000年以上も前に系統づけられたいろいろなポーズは心身を鍛える最強のもので、男性にも積極的に行ってほしいエクササイズです。

 

ヨーガ・スートラという教えでは欲求のコントロールについて書かれているために性欲を否定していると思われがちなのですが、
禁欲によって精力を高めるのも教えのひとつです。

 

 

精力アップが期待できるヨガの方法とは??

 

男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、筋骨隆々の男性らしい体格を作り性欲をアップさせるテストステロンはよく知られた男性ホルモンで、
精力アップのためにはテストステロンの濃度を上げることが大切なポイントです。

 

ヨガにはいろいろなポーズがありますが、コブラのポーズは初心者の方も簡単にできるポーズのひとつです。

 

うつ伏せの状態から腕を伸ばして上半身を起こすポーズは、男性を呼び覚ますポーズとも言われています。

 

それは、このコブラのポーズにより性欲アップに働きかける男性ホルモンのテストステロン濃度が平均で16パーセントも上昇するというデータが報告されているためです。

 

コブラのポーズでは、ヨガの教えで生命のエネルギーを司るとされる生殖器と肛門の間が刺激されます。
その結果若返りや精力のアップが期待できます。

 

テストステロンを増やす方法なら、以下のサイトで詳しく解説されていますよ!

 

http://iaete.org/