テストステロン 豆乳

豆乳はテストステロンを減少させる。

豆乳

 

豆乳に含まれるイソフラボンで男性ホルモンが減少!?

 

男性ホルモンのテストステロンが多く分泌されると、禿げになる原因と大きく関係していますが、
豆乳に含まれているイソフラボンがテストステロンの生成を抑制する作用があります。

 

しかし、摂取量が多くなるとホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが減少し女性ホルモンが多くなる可能性もあります。

 

それに伴い男性特有の機能が落ちるので注意が必要です。

 

 

程よく摂取することを心がけよう!!

 

またダイエットにも効果があると言われ豆乳ダイエットなどが流行しましたが、
豆乳そのものよりも大豆イソフラボンの摂り過ぎは体にとっても良い事ではなく、1日あたり70mgが適度な量で、量で換算すると200ml程です。

 

ちなみにイソフラボンは豆乳以外にも、納豆などの大豆製品から気軽に摂取する事もできます。

 

抜け毛と関係しているテストステロンは、それ自体は問題ないのですがそこから変化したジヒドテストステロンが大きく関係しています。

 

また、上述した様にあまりテストステロンが減少すると、男性機能のとしての筋肉が付きにくくなったり、精力減退にも繋がります。

 

他にもメンタルへの影響や男性の更年期障害を発症するケースが多くなるので程よいバランスが必要です。

 

個人差も多く20代でも少ない人もいれば、60代でも値が高い人もいます。